algo

12月のレターはスーク特別号

クリックで拡大



ティアツリー×ALGOコラボのクリスマス スーク
毎日ワークショップも行っています 
12 月 11日(金)10時~16時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           Licca 「アロマスプレー」作り1500円
   12日(土)10時~16時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           森のアトリエ「粘土を使ってクリスマスの絵を描こう」
                 もみの木を粘土で作ります♪1000円(額付)
   13日(日)10時~15時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           こむろ農園「えごま油試飲販売」

2021-12-05 sunday / ニュースレター

クリスマススークのワークショップ


スークとはシルクロードにある市場のこと。
そこは、東西のめずらしいものが集まり人々をワクワクさせてくれる場所でした。
12月ティア・ツリーは手作りの個性あふれる品々で一杯になります。




クリスマススークの特別なお知らせ
今年は川場の果樹園カフェ「ティア・ツリー」さんとコラボ開催になり
場所をティア・ツリーさんに移して 美味しいもの沢山でお待ちしてます!!
ワークショップも毎日開催しています



◎polkuポルク(10日11日12日の3日間)
エコで可愛い新聞バッグを作ろう
四万十新聞バッグ公式インストラクターによるオシャレで送れる
『新聞ハートバッグ』作りのワークショップ
ハートのバッグこのまま郵便で送ることができます♡
参加費1000円




◎Liccaリッカ(10日金曜日)
アロマスプレーづくり 1500円
みなかみ町産天然100%のアロマオイルをブレンドした5種の香りの中からお好きな香りを選んでいただき、ご自身だけのアロマスプレーをおつくり頂けます。
当日はアロマテラピーインストラクターの講師が手順をお伝えしながら進めますので、小学校低学年くらいのお子様でも安心してご参加いただけます。





◎森のアトリエ(11日土曜日)
粘土を使ってクリスマスの絵を描こう。
もみの木を粘土で作ります♪ 1000円(額付)




◎こむろ農園(12日曜日)
えごま油の試飲販売
種蒔きから選別まで手作業で丁寧に育てたみなかみ町産のエゴマ油です
さらっとした口どけで、パンやサラダにそのままかけていただくのがおすすめです

2400円(税込)



ティアツリー×ALGOコラボのクリスマス スーク
毎日ワークショップも行っています 
12 月 10日(金)10時~16時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           Licca 「アロマスプレー」作り1500円
   11日(土)10時~16時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           森のアトリエ「粘土を使ってクリスマスの絵を描こう」
                 もみの木を粘土で作ります♪1000円(額付)
   12日(日)10時~15時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           こむろ農園「えごま油試飲販売」

2021-12-03 friday / 展示・イベント

ティア・ツリー×ALGOコラボ Xmas SOUQスーク 


スークとはシルクロードにある市場のこと。
そこは、東西のめずらしいものが集まり人々をワクワクさせてくれる場所でした。
12月ティア・ツリーは手作りの個性あふれる品々で一杯になります。


クリスマススークの特別なお知らせ
今年は川場の果樹園カフェ「ティア・ツリー」さんとコラボ開催になり
場所をティア・ツリーさんに移して 美味しいもの沢山でお待ちしてます!!



<出店者の皆さまご紹介&
  それぞれのクリスマスの思い出もあわせてお楽しみください>

・アトリエ703こぐれなおみ(カードと2022カレンダーなど)
クリスマスカード(絵葉書)

一筆箋

毎月変わるこぐれさんの絵が楽しみになります


クリスマスの思い出話:高橋の若どり編
沼田には幼少期と、結婚してから数年居たことがあります。
結婚して沼田に暮らし始めた年のクリスマスイブ、旦那さまは取引先の忘年会へ。わたしは“月夜野のケンタッキー”こと「髙橋の若どり」で、とりの丸焼きを買って、ふたりで食べようと待っているつもりでした。でもなかなか帰ってこないしちょっと味見のつもりでつまんでみたら!とっても美味しくって止まらなくなって、ちょっと食べては待って、ちょっと食べては待って…最終の新幹線で旦那さんが帰ってくるころにはほぼあばらのみになってしまった!という食いしん坊な思い出です。また食べたいなぁ、髙橋の若どりの丸焼き。



・スリーハートM(Xmasの楽しいひと時を盛り上げる布物)
クリスマスカラーをたくさん集めて楽しい物をと考えました
ツリーは広げて半円のマットにもなります! 

ランチョンマット・ブローチ




:Xmasの思い出:
キリスト教系の短大でした。クリスマスにはキャロリングで先生方の家を回った思い出が♪♪



・Numa(刺しゅうブローチ)
ほっこりと温かみのあるフェルトのブローチです。お気に入りが見つかりますように☆


:Xmasの思い出:
小さい頃「空飛ぶ箒」をサンタさんにお願いしたことがありました。
実際は魔女の宅急便と星座の本が届きました
無茶ぶりに応えてくれて感謝です笑。



・Piece*Plus(アクセサリ、サンキャッチャー)
<花びら型のケシパールネックレス>
一つ一つ趣きのある花びら型のケシパールを使って、華やかなネックレスをつくりました
これからのシーズンの装いを晴やかに彩って頂けると思います


<ワイヤーのクリスマスツリー>
土粘土の手作り鉢に、ワイヤーのクリスマスツリーを植えました
クリスマスソングを歌ってくれる小鳥もやってきました
そんな、ストーリー考えながらつくりのはとても幸せです


<バックマーカー>
ワンポイントチャームのブックマーカーです
ちょっとしたプレゼントにもいかがでしょう


:クリスマスの思い出:
こどもが小さかった時は、ケーキやフライドチキン、シチューなど用意して、
たぶんドイツ製のキャンドルに火を灯すと、その熱で、天使が回ってベルを鳴らしてくれるおもちゃの炎を見つめて…
今年は、キャンドルに火をつけてみましょう!こどもじゃなくても、きっと楽しいですよね〜



・SOW雑貨店(服飾)
オールウールのプルオーバーの下にリネンの前も後ろも着られるシャツ


綿ダブル生地の裏付きジャケット


:クリスマスのそんなにはよくない思い出(^^;):
小学生の頃、クリスマスになると池袋西口にある商店街の同級生の家が焼鳥屋さんなので、そこで超和風の焼き鳥を買いに行かされました(^_^;)
本当はもう少し駅寄りの不二家ではクリスマス用のローストチキンを売っているのに、子供って言えないんですよね、あっちのがいいって。
だから自分が大人になったら丸ごとのローストチキンを家族に買うんだ!と決めていたのに、結婚した奥さんが鶏肉が食べられないと知ったときはけっこうショックでした(^o^;
そんな訳で我が家のクリスマスは毎年ローストビーフに決まってましたとさ(^_^)v



・mugi(服飾・布BAG)

キュートなプリントBAG




:Xmasの思い出:

小さいほうは犬用
犬バカぶり発揮してました(笑



・Un fil(タティングレース)
タティングレースの“アン フィル”です。今年でスーク参加も最後になってしまう為、皆様に楽しんでいただけるよう感謝を込めてつくりました。
日常にレースのある生活を楽しんでいただけたら幸いです。







:クリスマスのにまつわるお話:
昔、子供がサンタクロースに不信を感じる年になった頃、coopの注文書にサンタクロースからお手紙の注文があって、思わず子供2人分頼んでしまいました(笑)
クリスマスが近づいたある日、国際郵便が届きました。切手も外国製、宛名も本文ももちろん英語…
大人の方がびっくり!
2人の子供へのメッセージもそれぞれ違っていて、つい本気で感動してしまったのを今でも思い出します。

その後、「サンタクロースっているんでしょうか」という本に出会い、子供の純粋な疑問に、ニューヨークタイムズ社の記者が子供の心を尊重しながら温かなコメントを残していて、こういう大人になりたいなぁと、十分大人になった今でも思い続けています(笑)



・うつわ工房風うさぎ(陶)
赤土に白化粧を施した生地に、絵付けや印を押したりと、色々な技法で製作しています。
シンプルだけど、ちょっと可愛さもプラスした、楽しい器づくりを目指しています。





:Xmasの思い出:
クリスマスといえば、ドイツではシュトーレンが主役と知った時は、ちょっとビックリしました。
少しずつ薄く切って、毎日食べるとは…それだけクリスマスを楽しみにしてるのですね♪



・三十や(貝彫刻アクセサリー)
冬にもぴったりの真珠層の光沢が美しい貝を彫刻したアクセサリー


そして特別な色の「ゴールドリップ」
白蝶貝にごくごく稀にできる黄色の「貝のふち」の部分のことです
深みのある透明感が大変美しいために
特にゴールドリップいう名称で呼ばれています




・森のアトリエ~Monaca~(粘土クラフト)
土の粘土で作ったサンタとツリー


:クリスマスのエピソード:
子供たちが小さい頃はクリスマスは大イベントだったね。
大人だけになるとちょっと寂しくなって来た。
だから最近はまたクリスマス盛り上げよう計画でホールのケーキを買って、パエリアも作って、ワインも良いので乾杯をしてみたよ。
やっぱり日本のクリスマスはこうでなくちゃだね。
今年はマロンのクリスマスケーキだよ♪



・Dimple(服飾)
目指すのは、「上質な日常着」
上質な国産の素材のみを使用、どこか個性のある作品を作ろうと志しています。
中でも、染めの作品は日本古来から伝わるすすや土を用い、色の濃度を染色回数や紫外線によってコントロールし、
同じ作品は2枚と制作できない一期一会の作品。
ケミカルは一切使用していませんので、肌への負担がありません。





:クリスマスの思い出 パッチワーク編:
パッチーワークの講師資格を取りに行き始めた11月。
習いたて1か月後に、
クリスマスのためのキルト展示会に出品する作品を制作することになって、
気合が入りすぎて、すごく難しいキルティングを入れることにし、
実力伴わなくて、散々なことになった苦笑いの思い出。



・Handmadeあくあどろっぷ(モルタル・陶土)
オーブン陶土をメインに植物雑貨を作りました。素朴な風合いの動物たちに癒されて下さい






:Xmasの思い出 シンガポール編:
若い頃、クリスマスをシンガポールでと張り切って出かけて、
免税店とコンビニしか開いていないという残念なクリスマスをすごしたことがあります。
きっと一生忘れられません。



・わらいな(手ぬぐい)
手ぬぐいをデザインして染めた和の小物たち



:Xmasの思い出:クリスマスプレゼント編
いつも1番に思い浮かぶのは、24色セットのクレパスです。
5歳のクリスマスの朝。枕元に置いてあったクレパス。
12色のクレパスしか使った事がなかった私には、とてもゴージャスで
ひとつひとつが宝石のようにキラキラと輝いていました。

あの頃から、色彩に興味があったんだなぁと思います。
その後、父にクリスマスの話を持ちかけると、決まって
「うちはクリスチャンじゃないから関係ない‼️」と言われて、クリスマスケーキも食べない家庭でした、、、。
全く、昭和の化石ですね(笑)
その父も83歳、元気にしております。
merry Xmas☆



・中澤 永子(おみくじ、紙もの)
今年もスークに参加させていただけることになり、とても嬉しいです!
『ぶったのおつげ』は、来年の運勢やアドバイスが書かれたおみくじみたいなものです。
役に立つかは分かりませんが……運試しにぜひ引いてみてくださいね。





:クリスマスの思い出:
数年前に友達とクリスマス会をした時に、みんなでパンを持ち寄りました。
サンタさんや星の形をしたパン、チョコの生地にホワイトチョコがかかったパンなど色んなパンが集まりました。
パン屋さんによってクリスマスの表現の仕方が様々なのが面白かったです!



・kuu&kukka(キャンドル・ドライフラワー作品)
温もりある木の板に、ドライフラワーや木の実などをあしらいました☺️
ほっこりしたクリスマスの飾りをお楽しみ下さい♡


:Xmasの思い出:
私が子供の頃に、今は亡き母がクリスマスカードを手描きで作ってくれていました。
今となってはどこかに無くしてしまいましたが、
もう一度そのカード達に会いたいな…と懐かしく思います
ちゃんととっておけば良かったなーと思います



・今井幸太(おりがみ)
デザインからすべてオリジナルです
一枚の四角い紙で作られています
究極の折り紙を是非ご覧ください

サンタクロース
プレゼント袋も含めて、1枚の紙から出来ています
今年は上着を着せてマイナーチェンジしてみました


縁起モノだるまさん
1つ1つ表情が微妙に違うので、注目してみてください


:クリスマスの思い出:
昔から細かい作業が好きだったので、家族でケーキを作る時はデコレーション担当でした。




・和mi(染色レッグウォーマー、靴下など)
天然の植物で染めた優しい色
2重編みコットンシルクのレッグウォーマー
オーガニックコットンはらまき
シルク5本指くつ下
オーガニックコットンレッグ・アームウォーマー
コットンハイソックス



・マツモト ミヤ(石けん)
コールドプロセス製法で一ヶ月かけて丁寧に作った
おすすめの石けんです





・ハートニー(無農薬自家栽培ハーブ)
単品でもブレンドでもハーブティやお料理などにご利用できます
・レモングラス
・レモンバーベナ
・エキナセア
・メキシカンスイートハーブ


:クリスマスの思い出 マウンテンバイク編:
まだ子どもたちが、サンタさんのプレゼントを楽しみにしていた頃…
煙突のない我が家にどこからサンタさんが入ってくるのか、真剣に議論しおやつのジュースとお菓子を用意したのを思い出します。
翌朝、お礼の手紙とお菓子の食べかすの演出もぬかりなく…
プレゼントのマウンテンバイクを隠しておくのが大変でした!



・こむろ農園(えごま油)
種蒔きから選別まで手作業で丁寧に育てたみなかみ町産のエゴマ油です。
さらっとした口どけで、パンやサラダにそのままかけていただくのがおすすめです。




・ティアツリー(クリスマスの焼き菓子と美味しいもの)






・大石商店(モザイクタイル)
マーブル(大理石)タイルの素朴な風合いを生かして
ブローチにしました

:Xmasの思い出:
高校生の頃 実家はクリスマスを楽しむ家ではなかったので(^^;)
仕方ないので自分でケーキを買っていました
今はその反動でとても楽しんでます!



・ALGO(ストール・木箱)
手紡ぎ手織りのwoolのストールは柔らかくて温かいストールです




ティアツリー×ALGOコラボのクリスマス スーク
毎日ワークショップも行っています 
12 月 11日(金)10時~16時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           Licca 「アロマスプレー」作り1500円
   12日(土)10時~16時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           森のアトリエ「粘土を使ってクリスマスの絵を描こう」
                 もみの木を粘土で作ります♪1000円(額付)
   13日(日)10時~15時
        ws:polku『新聞ハートバッグ』作り1000円
           こむろ農園「えごま油試飲販売」


お問合せは080-8423-3179 アルゴまで

2021-12-04 saturday / X`mas SOUQ

アルゴまつりのワークショップ

アルゴまつりのワークショップ(各1,000税込)
予約なしでOKです!

*浮きだまハーバリウム
レジンでお花の浮き球を作り
オイルの比重でハーバリウムに仕立てます
(あくあどろっぷ)


*みつろうエコラップづくり(2枚)
できることから始めたいエコ生活
くり返し使ってごみを減らしたいですね
(スリーハートM)



*助産院の出張相談会
妊娠 分娩 産褥 更年期 思春期なんでも相談
(まどか助産院)




*数秘&カラー
自分や家族の生まれもった数字を知ろう
(おのふぁみりい)

アルゴまつり

11月28日日曜日10時から暗くなるまで

お問い合わせ080-8423-3179アルゴ


拡大

2021-11-17 wednesday / イベント

11月28日(日)は「アルゴまつり」です

一年の感謝を込めて「アルゴまつり」を開催します

ご家庭の包丁を大工さんが研ぎます
丸太を切って鍋敷きを作ります
ハンドパン♪の演奏や体験があります

ワークショップや美味しいお店のテイクアウト予約もできます

いも煮を作って
皆様のお越しをお待ちしています


ブログを随時更新しています
併せてご覧ください→blog

2021-11-23 tuesday / 展示・イベント

ページトップへ